医療レーザー脱毛のデメリットを解説

shutterstock_478250116.jpg脱毛施術には様々な方法があり、医療レーザーもその一つです。施術範囲の広さや痛みの少なさが医療レーザーの長所ですが、短所もあります。日焼けで肌が焼けていたり、生来の理由で肌の色が濃い人は、脱毛のために医療レーザーを使うことができません。肌を傷めてしまうためです。医療レーザーは、黒い部分に熱を集めるという性質を利用しています。皮膚の色が濃いめだと、毛根の他に皮膚自体に医療レーザーが反応してしまうので、皮膚が火傷などのダメージを負ってしまう恐れがあります。また、黒い部分に反応するという性質があるため、毛の色が薄い人は脱毛に医療レーザーが使えません。体毛の色、細さ、密度などによっては、医療レーザーでの脱毛効果は十分ではなかったということもあります。医療レーザーの技術は、年々向上しています。以前は上手に脱毛ができなかったという場合でも、最新設備を利用すれば脱毛できることもあるようです。調べる前に諦めてしまわず、まずはカウンセリングを受けてみるといいでしょう。レーザー器機の技術が進んでいるために、脱毛にかかるコストも安価になってきます。とはいえ、医療レーザーは以前として光脱毛よりはお金のかかる脱毛方法です。金銭的な問題と脱毛方法の選択は切っても切れない関係ですが、アフターケアの内容や、安全性の高い施術かという点も大事です。比較サイトや口コミサイトで脱毛方法ごとの情報を集めて、いい点、注意したい点、それぞれを理解することです。お肌のコンディションや脱毛に使える予算など、様々な角度から考えて医療レーザーについてチェックすることです。