2014年1月アーカイブ

ボディーエステでできる痩身マッサージ

効率的にダイエットをしたい人の中には、エステのボディーケアで痩身マッサージを受けて体脂肪を燃焼させようとすることがあります。ボディーエステでのマッサージでは、リンパ腺の流れを促進することができます。体内に停滞している老廃物や、皮下脂肪をマッサージで体外に出すというやり方です。具体的にどんなマッサージをするかは、ボディーエステを扱っているエステ毎にいろいろです。全て手で行うハンドマッサージで、美容機械を使わずにボディーエステを行うところもあります。脂肪燃焼を目的にした機械を使って、超音波などで代謝を活発にしたり、体を温めるなどのことができます。マッサージ用の道具を脂肪を減らしたい部分に押し当てて、その振動で脂肪の燃焼を促進するというものもあります。一度の施術で90分程度かかるのが、ボディーエステのマッサージのコースです。具体的にどんな施術をするのかや、どのくらい時間がかかるかはエステによって異なりますので、事前に確認をしておく必要があります。ボディーエステでは、一度マッサージを受ける毎に15000円ほどかかるところが多いようです。一度切りでは効果が実感されにくいため、続けて利用することが大事です。プロの手によるマッサージケアを希望するという人は、どんな体型になりたいのかをまず施術しに使えてからボディーエステを受けましょう。

医療レーザー脱毛のデメリットを解説

脱毛施術には様々な方法があり、医療レーザーもその一つです。施術範囲の広さや痛みの少なさが医療レーザーの長所ですが、短所もあります。日焼けで肌が焼けていたり、生来の理由で肌の色が濃い人は、脱毛のために医療レーザーを使うことができません。肌を傷めてしまうためです。医療レーザーは、黒い部分に熱を集めるという性質を利用しています。皮膚の色が濃いめだと、毛根の他に皮膚自体に医療レーザーが反応してしまうので、皮膚が火傷などのダメージを負ってしまう恐れがあります。また、黒い部分に反応するという性質があるため、毛の色が薄い人は脱毛に医療レーザーが使えません。体毛の色、細さ、密度などによっては、医療レーザーでの脱毛効果は十分ではなかったということもあります。医療レーザーの技術は、年々向上しています。以前は上手に脱毛ができなかったという場合でも、最新設備を利用すれば脱毛できることもあるようです。調べる前に諦めてしまわず、まずはカウンセリングを受けてみるといいでしょう。レーザー器機の技術が進んでいるために、脱毛にかかるコストも安価になってきます。とはいえ、医療レーザーは以前として光脱毛よりはお金のかかる脱毛方法です。金銭的な問題と脱毛方法の選択は切っても切れない関係ですが、アフターケアの内容や、安全性の高い施術かという点も大事です。比較サイトや口コミサイトで脱毛方法ごとの情報を集めて、いい点、注意したい点、それぞれを理解することです。お肌のコンディションや脱毛に使える予算など、様々な角度から考えて医療レーザーについてチェックすることです。

骨盤ダイエットの方法に関して

骨盤ダイエットが最近注目されていますが、どんなやり方で行うものなのでしょうか。今人気があるのが骨盤ベルトと呼ばれるものを腰に巻くダイエット方法です。日ごろの家事を骨盤ベルトをつけたまま行ったり、骨盤体操用のDVDを見ながら体を動かします。ベルトを巻いて骨盤を引き締めるという簡単な方法で非常に注目されています。誰でもできる骨盤ストレッチで骨盤のずれを正すという方法も注目されています。普段あまり動かすことのなり股関節をストレッチで動かすことで、骨盤まわりの筋肉を動かすことができます。下腹部や太ももの筋肉の曲げ伸ばしをすることができるため、冷え症が改善され、新陳代謝に役立ちます。腰回し運動で行う骨盤ダイエットの方法もあります。1日5分もあればできてしまうお手軽な骨盤ダイエットです。肩幅まで足を開き、腰に手をあてて、右、左と腰を振りましょう。この動きを右10回、左10回行えば完了です。このように骨盤ダイエットにはさまざまな方法があります。どの方法を選ぶにしても一定期間続けるということがダイエット成功の秘訣です。ずれができていた骨盤を正しい状態に戻すことができるなら、方法は何であれダイエットになります。自分のライフスタイルに合ったものを選んで、毎日骨盤ダイエットと続けることが大切ではないでしょうか。

基礎化粧品

hcdyhg455.pngコスメや化粧品の中でも皮膚の健康を保持し、肌質を良くすることが目的なのが基礎化粧品ではないでしょうか。コスメや化粧品だといえるものは、化粧水や美容液、乳液、クリームなどです。風呂上がりや洗顔後の濡れた肌に保湿力のある化粧水を乾燥肌につけることによって、乾燥を避けることができます。脂性肌では、洗顔で毛穴の詰まりを除去しつつ、とろみの少ない化粧水や乳液で余計な油分をカットします。一人一人の肌質に合わせたケアが基礎化粧品には不可欠です。それぞれの人の肌質に合わせたさまざまな基礎化粧品が、最近では商品化されているようです。肌の状態は年齢や季節で変化することもありますし、食生活や睡眠不足の影響を受けることもあります。肌をできるだけいい状態にキープすることが、基礎化粧品で水分を補ったり、汚れを除去することでできるようになります。さらにコスメやメイクの刺激から保湿クリームや乳液をつけることで、肌を保護するのに有効だといいます。基礎化粧品の大切な役割は、肌の健康を保つことで、肌本来の回復力を高めることだといえます。最近では美白ブームの影響を受けて、美白効果があるという基礎化粧品が注目されています。コスメや化粧品の効果には含まれないのが美白効果なので、販売は医薬部外品扱いとしてされています。医薬部外品の承認を得ている化粧品やコスメだけが、美白という表示ができるようになっています。